妊婦さんに必要な栄養素、葉酸についての説明と重要性について

 

葉酸というのは、新しい赤血球を作り、赤ちゃんの成長に必要な栄養素が含まれています。

 

葉酸と言われてもピンっとこない妊婦さんが多いかもしれませんが、今はネットなどで、サプリとして販売されていることも多いです。

 

妊婦なのにサプリを飲んでも大丈夫なのかと聞いてくる方もいますが、赤ちゃんの身体を形成する重要な時期には、母体が必要とする葉酸の濃度を早いうちから維持する必要があるため、
1日に必要な摂取量がきちんと含まれていることから、妊婦さんには摂取すべき必要な栄養成分なのです。

 

通常の食事で葉酸を摂取する場合、枝豆だと123さやほど食べる必要があり、アボカドだと、3個は1日に食べないといけません。

 

毎日これくらいの量を摂取するのは大変ですよね。

 

葉酸には具体的にどのような働きがあるのか、説明していきたいと思います。

 

葉酸のはたらき

 

葉酸は「造血のビタミン」と言われているのですが、ビタミンB12と力を合わせて血液を増やすサポートをしてくれます。

 

また血行がよくなるため、母乳の元である血液を作るようになり、自律神経の働きがよくなって、ホルモンバランスが整うようになります。

 

なので葉酸を摂ることで、つわりが軽くなるという人もいます。そして血液がしっかり身体をめぐってくれることで、子宮の働きがよくなるので、子宮内膜を厚くすることに繋がるのです。

 

受精卵が成長するためのサポート

 

また葉酸には細胞分裂が正常に行われるのを助けてくれるため、受精卵が成長するためのサポートをする働きがあります。

 

それだけではありません。赤ちゃんだけではなく、女性に嬉しい効果もあります。
生理不順や便秘、肩こりや貧血改善にも役立つことができるのです。

 

また細胞分裂の促進により赤ちゃんに期待できることは、ダウン症のリスクを下げることと、質のよい精子をつくることができること、薄毛対策や先天性障害のリスクも下げてくれる働きがあるのです。

 

なので、特に女性の方は積極的に葉酸を摂るようにしてくださいね。

 

人気の葉酸サプリを解説しているサイトもあるので、参考にすると良いかと思います。